はい。そうですね。


by wessurac

タグ:フケ症 ( 1 ) タグの人気記事

フケ症による薄毛

頭皮から分泌されているような皮脂の量によって、頭皮が健康か否かがわかるといわれています。
頭皮の毛孔の数は、実際、多いので、体や顔よりもずっと皮脂に関しての分泌量は多いです。
この皮脂の分泌量が、特別に少な過ぎてもあるいは、多過ぎても、頭皮にとって健康とは、実際、言えないというようなことになります。
頭皮では、皮脂に関しての分泌量があまり多過ぎると、脂漏性皮膚炎を起こすような可能性がかなり高くなります。
脂漏性皮膚炎を実際に起こしてしまうと、頭皮がかなりただれて赤くなってしまい、フケが、実際、大量に発生しかゆみが増するのです。
更に、頭皮からかなり悪臭を放つようになるケースもあります。
これらの症状などを、実際、放っておいてしまうと、正常に発毛がなされなくなり、薄毛も増えていく感じの状況に陥りやすくなってしまいます。
そして、脂漏性皮膚炎に関しては頭皮だけではなく、背中、胸、あるいは、顔にも発生するのです。
実は、脂漏性皮膚炎が起こるしくみに関して、まだきちんと解明されていません。
真菌が繁殖してしまう感じの際、皮脂を餌にしているというようなことに関係性があるともいわれています。
脂漏性皮膚炎を治療するときより、ステロイド系の薬が実際に使用されるケースもあります。
近年では、ケトコナゾールと呼ばれる感じの抗真菌剤がかなり注目されており、抗真菌剤に関してはステロイド系の薬よりも、実際、副作用は少ないそうです。
脂漏性皮膚炎に関しては、皮膚科で治療を受ける感じのことができるでしょう。
脂漏性皮膚炎の症状、例としては大変大きいフケがかなり大量に落ちるなどの症状があるような方は、実際にそのまま放っておくと薄毛などの症状がきっとますます悪化してしまうので、あまり我慢をしないで医師にみてもらうようにしてください。
[PR]
by wessurac | 2010-01-09 12:04